マーチ(K11) かつての相棒

march.jpg

日産の大ヒットモデルとして、今でも親しまれているマーチ。


現行のマーチは、小型車には贅沢な至れり尽くせりの装備と、ユニークなデザインがうけて相変わらずのヒットを続けています。


私が一番お世話になったマーチと言えば、現行のひとつ前、つまり先代モデルのK11マーチです。


このK11マーチも大ヒット!!
長い間、大幅なモデルチェンジをすることなく、日産の小型車部門を引っ張ってきました。


学生時代にレースに出場していた私は、このマーチが相棒という名のマシンでした。


1000CCの5MT。
マーチにしては珍しいマニュアルです(笑)


当時の小型車と言えば、トヨタがスターレット、ホンダがシティなど同じクラスの車で速い車はたくさんありました。


マーチはその中では、スポーツ性能的に劣っていましたが、車本来の動力性能とメカを覚える上での単純さはピカイチでした。


学生ということもあり、時間に余裕があった分、レースに出るためのチューニングは全て自分でやりました。


単純なメカしか付いていないので、チューンするのが簡単。
そして、素直に自分がチューンした箇所が反応してくれるので、分かりやすい車でした。


しかも、パーツも中古でたくさんあったし、何より安いのも魅力でした。


今の私が車に携わることが出来ているのは、マーチのおかげなんです(涙)
エンジンの調子に関係なしに、何故かこのマーチという車は、タイヤに力が加わりにくいというか、セッティングに甘さがあるんですよね。


それをコツコツ研究しながら、車を速く仕上げていくわけです。
もちろん、レースカーとは別に街乗り用の車もマーチ。


いざというときのためにパーツが使い回せますからね(笑)
そんなわけで、マーチ三昧の日々を送っていたんです。


このK11マーチって、いくらアクセルを踏んでも全然パワーがでないんですよ。はっきり言って遅い。


1.3Lでやっと普通に走ってくれる感じです。
それに、小型車の癖に燃費もさほどよくありませんでした。


まあ、若い頃に乗っていましたので、アクセルを踏みすぎていたのですが・・・


それでも大衆車としての人気を誇っていたのは何故なんでしょう!?


それは、個人的な意見ですが、飽きのこない可愛いデザインと故障の少なさ、そしてやはり日産のブランド力ではないかと推測しています。


私自身は、この車のおかげで車のいろはを学べたこともあり大好きな車なのですが、何故か褒めるべき箇所を思い出せません(汗)


それでも、「あれはいい車だよ!!」って言えますからね。
何とも不思議な魅力を持つ車ですよ。


まさに相棒。
学生時代の3年間を共にすごし、さらに友人の手に渡り2年間。


相棒だったK11マーチは、毎日のように頑張ってくれました。
今でも忘れることができない車です。


今でも現役で頑張っているマーチはたくさんあります。
中古でも安いので、お買い得な車ですよ!!



この記事へのトラックバック

「辻希美出演・21世紀のライト兄弟~空飛べ!!夢乾電池・第4話配信開始」
Excerpt: オキシライド乾電池を使って、飛行機の有人飛行を実現させようという壮大な企画、 「21世紀のライト兄弟~空飛べ!!夢乾電池」のナレーションを担当しているのが、 我らがのんちゃんこと辻希美さん。 ..
Weblog: 相武紗季に必死系なブログ。
Tracked: 2006-05-11 15:31

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。